コラム

屋根の葺き替えは計画的に

2015.12.22

屋根葺き替えは、屋根に関する工事の中でも特に規模の大きな工事で、屋根材を一新して、新たな物に載せ替えます。工事後は住宅の見た目を一新させるので、ある程度築年数が経っている建物に対して行なうことで、住みやすい家へと生まれ変わることもできます。
規模が大きいので、費用もそれなりに掛かりますので、屋根葺き替え工事はどうしても後回しにされがちです。しかし、屋根葺き替えをせずにそのままにしていると、色々不具合が出てきて、結局早期に葺き替えておいたほうが良かった…なんてことにもなりかねません。
ここでは屋根葺き替え工事を定期的に行なう必要性についてご紹介します。

1.雨漏りの防止
雨漏り防止は、屋根葺き替えにおける重要な目的の1つです。実は屋根というのは、一番表面の屋根材以外にも、その下に防水シートが敷かれていることが殆どです。ビニールやアスファルトルーフィングという防水紙が使われていますが、これらは屋根材に比べて寿命が短く、穴が開いたり亀裂が入ったりします。屋根葺き替えを行わないと、これら防水シートの穴や亀裂から雨水が浸入して、雨漏りの原因になることがあります。

2.建物の美観維持
特にトタン屋根やスレート屋根、最近は見られなくなりましたがセメント瓦の屋根について問題となるのが、経年劣化に寄る見た目の変化です。いずれも太陽光や風雨に晒され続けると、劣化して表面にサビが出たり、苔が生えたり、色あせていきます。直接の住環境に影響がなくても、せっかくの自宅の見た目が悪いと、何だかちょっと寂しいとは思いませんか?また、見た目の劣化は、近いうちに物理的な損壊にもつながります。その前に、屋根葺き替え工事で交換しておきたいところです。

3.耐震性向上
古い耐震基準で建てられた住宅で、特に屋根が釉薬瓦やいぶし瓦が葺いてある場合、地震の揺れと屋根の重量により、家が倒壊する場合があります。屋根の重量は軽ければ軽いほど、建物の構造に対しての負担が減ると言われており、屋根葺き替えと同時に、瓦屋根からスレート屋根などに交換される事例もあります。

これらの要因は、単独、もしくは複数が関連してくることがあります。建物の築年数が古いほどその確率は高いです。特に雨漏りや倒壊は、屋根葺き替え工事を行えば防げる可能性があります。ある程度の築年数になったら、屋根葺き替え工事をご検討されるのがおすすめです。