コラム

1つだけじゃない雨漏り修理

2015.12.22

雨漏りの修理方法と聞いて、何をイメージされますか?何となくイメージはあっても、実際にどのような作業を行っているのかは、なかなか分かりませんよね。内容によって屋根上で雨漏りを修理することもありますし、外壁で修理する場合など、色々変わります。

修理方法はいくつかあります。まずは防水テープを使った方法です。この方法は主に、防水テープを貼り直す作業になります。例えばサッシ周りから雨漏りがしている時などは、この方法を使うことがあります。これだけ聞くと、簡単な作業のように思われるかもしれないですが、壁面を剥がしてからテープの貼り直しを行うので、業者でないと難しい内容です。
次に、コーキングという方法です。壁に物がぶつかったりして、ひびが入ってしまうことってありますよね。そのひびが雨漏りの原因となっている場合には、このコーキングという方法を使うことが多いです。手が届く場所であれば自分で行うことも出来る方法ですが、業者に任せた方が確実なので安心です。またこの方法は、根本的な原因を解決する方法ではないため、あくまでも一時的な処置であるという認識が必要です。コーキングを行ったからといってその後そのままにしておくと、雨漏りが再発してしまいます。コーキングで一時的な処置を行った後に、根本的な原因も修理を行うことが理想ですね。
さて、屋根が原因とハッキリしている場合、屋根に上り雨漏りを修理します。内容としては、屋根の瓦や板などを新しくする工事です。長い年月が経つことにより、屋根は劣化していきます。そんな時には、新しいものに交換しないと、根本的な解決は難しくなってきます。
また、屋根の雨漏りの修理は、必ず業者に依頼しましょう。足を滑らせるという危険はもちろんですが、屋根の近くにいるカラスに襲われることも考えられます。もし、屋根で雨漏りを修理している時、カラスに襲われたら危険です。
実際、カラスに襲われたというケースをよく聞きます。歩行者だけでなく、自転車を使っている方も襲われることが多いのです。それを考えたら、とても屋根の上で雨漏りを修理するなんて、出来ないですよね?
自分が危険な目に逢いたくないのであれば、業者に任せちゃいましょう。